« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

トミーまさかの涙、ONCE 最終回

ラジオ好きである

昼頃はJFN系のFMで「トムセン陽子のONCE(ワンス)」
ロック好き、ギター好き、バイク好き、、の陽気なトミー姉御の番組

6年半続いた番組が終わる、トミーは泣かないだろうな、と勝手に思っていたいけど、、
昨日は、突然のゲストChageさんの登場で、思わず泣いてしまいました。

今日の最終回、パパの電話出演にて、リクエストはまさかの「思い出のグリーングリーングラス」だって(爆)
ここでは、番組に引きずりだされたパパのフォローに徹するw

そのあと、喋りの中で「リスナーを友達だと、、」と言おうとして、声が詰まる、、
↑ここが、いちばん良かったなー(笑)、、ここも良く我慢したよ(泣)

そのあと、スタッフの泣かせ演出か?のゲスト「lecca」の出演、、ここはトミー頑張った。

NHKの朝ドラの「花子とアン」も先週で終わってしまった、これも良かった。
人生、別れあれば出会いあり、、今週からは「マッサン」。
日本のウイスキーの父、ニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝をモデルにしたお話です。
そういえば「竹鶴12」の販売が終わってしまいましたね、、手頃で良いウイスキーだったので残念です。

世の中、本当に良いものから無くなっていくような気がするのは私だけでしょうか、、

Img_3709_d27_fw800_srgb
↑机左側からの景色、ラジオは、左上にのってるやつ、オリンパスのラジオサーバー「VJ-10」
その隣の小さな真空管アンプ(5670/6688)の下のはテスト中の「スピーカー切替器」です。

Vj10_2
↑ラジオサーバー Olympus VJ-10 は、ラジオとしての基本性能が高く、HDDに録音もできる優れもの
録音は、曜日、時間、局、をセットできるので、聴きたい番組だけずっととりためておいて後で聴けます。
でもって、以外と音が良い、、おそらく後発の大手S社の製品より音が良いです。

このラジオ「VJ-10」も、既に販売終了となっており、後継機は無い様です。

そしてスピーカー切替器がかなりの優れものです。
Ssp01
↑スピーカー切替器「ソフィソナントオーディオ SSP-01」
下が親ユニット(手元に置くコントローラ部)、上がサテライトユニット(アンプとスピーカーを接続する)
この他にワイヤレスリモコンが付属する

部屋の写真で、手前の机の上の、ラジオサーバーの隣で「3」と表示されているのが親機
ワイヤレスリモコンで入力4ch、スピーカー3セットが切替られます。

そして、向こう側 大きな真空管アンプ(300B)の手前にある、WAONに挟まれてDA-1の下にあるのが、子機(アンプ側のサテライト)で
こちらにパワーアンプと3セットのスピーカーを接続します。

この切替器、今度詳しくレポートしますが、、
ソフィソナントオーディオ SSP-01の良いところ
 ・ソース4ch、スピーカー3セットを切替できる
 ・半導体素子で切替る
   (リレーやスイッチ式の欠点である、接触抵抗、接触不良、チャタリングの心配がない)
 ・スピーカーの能率差(音量差)をあらかじめ設定しておける
 ・ワイヤレスリモコンが使える、切替、音量調整などが可能
 ・親機を手元に、子機をスピーカー側に置ける
 ・サテライトを増設すれば、6セットのスピーカーまで切替できる

ラジオの良い所
 ・何かをしながら、聴ける > 聞く人の邪魔をしない、PCやテレビは時間を奪ってしまう
 ・自分の知らない曲、事、人に触れられる > 出会いがある、世界が拡がる、iPodではこうはいかない
 ・想像力が働く > 電話をしている時に感じる、1対1のバーチャル時空が生まれる
 ・CMがテレビほどウザくない < 最近の繰り返しCMやラジオショッピングはクドイが

トミーの良い所(リスナーは親しみを込めてトムセンさんを、トミーと呼んでました)
 ・立ち位置がいち音楽ファン
 ・タレント的な変な気負いがない
 ・男っぽい感じでサバサバしている
 ・自分の好きなものに真っすぐ
 ・礼儀と常識をわきまえている
ラジオパーソナリティの中には、自意識過剰で聞いていて邪魔くさい感じの方も居るのですが、トミーはホント良かった。
これ、オーディオ機器もそうですよね、役に徹する、友達として毎日愛用できる、、って大切な性能です。

トミー、お疲れ&ありがとう!、、と素直に言える感じ
またラジオとか、どこかで会えることを楽しみにしてます

------------------------------------------

↓ソフィソナント・オーディオ(Sophisonant Audio)
http://sophisonant.com

↓Webで見つけた、オリンパス ラジオサーバー VJ-10 の話
http://naniwa-48.blog.so-net.ne.jp/2014-01-20

↓Webで見つけた、竹鶴12年 の話
http://90604805.at.webry.info/201312/article_8.html

↓番組 「ONCE(ワンス)」のホームページ
http://www.jfn.jp/RadioShows/once

↓「トムセン陽子」 のオフィシャルBlog
http://ameblo.jp/tommy-music/

------------------------------------------ MH audioの「世界最小の本格オーディオ」もよろしく

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

↓アコースティックフィールドのWebショップ
http://acousticfield.shop-pro.jp/?

↓株式会社アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

ヘアサロン「CReA」さんで、WAONとDA-1使っていただいてます

諏訪のヘアサロン「CReA(クレア)」さん
先日新店舗のオープンに伴いMH audioのオーディオセットをご採用いただきました。

こちら、オーナーがお1人でやっておられる、素敵なお店です。

_dsc3479_d27_fw800_srgb

スピーカーWAONはナチュラルアイボリー色、アンプDA-1とともに棚の上の方にラフに置いてます。

そして、音楽プレーヤーはiPod、ピンで留めてるところがユニーク、そしておしゃれですね!

_dsc3438_d27_fw800_srgb

こちらのお店、インテリア凝ってますねー
モンドリアンな棚と、白いペイントのカウンター、そして天井には、鮮やかなブルーのペイントとかも、
かなりHappy&リラックスできそうです。

こちら、+nomos(ノモス)の迫田さんが手がけております。

_dsc3458_d27_fw800_srgb

外観はこんな感じ、、
おそらく事務所として使われていた建物をリノベーションしています。

_dsc3378_d27_fw800_srgb

余談ですが、個人経営の床屋さんって、いつ行ってもご主人がやってくれるので良いですよね!
私のような無頓着者は、髪型どのようになさいますか?って聞かれても「いつもみたいに短く、、」しか言えないので(笑)

こちら、CReAさんも、いつでもオーナーの美沙さんが、ネイルとかエステとか、、もしてくれるみたいです。

近くには美味しいウナギ屋さんがあるんです!!
諏訪近辺の方は、いちど行ってみてください。

-----------------------------------------
Hair Salon「CReA」

↓ヘアサロン「CReA」さんのFacebook
https://ja-jp.facebook.com/hairsalonCReA

↓ヘアサロン「CReA」さんのホームページ
http://www.hairsalon-crea.com

------------------------------------------ MH audioの「世界最小の本格オーディオ」もよろしく

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

↓アコースティックフィールドのWebショップ
http://acousticfield.shop-pro.jp/?

↓株式会社アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

オトナツタヤに、LINN と MH audio あり〼

大人蔦屋、といえば、代官山蔦屋が有名ですが、六本木のけやき坂通りのツタヤさんも大人蔦屋です。

ツタヤ東京六本木(TSUTAYA TOKYO ROPPONGI)の1Fにはスタバと、本を中心として、腕時計、レザー、ワイン、、その他いろいろ、、
そして2FはCD、DVD、、レジカウンター前にはBluetoothスピーカーなど、、

そして、ちょっと奥まったところに、ギターとかレコードプレーヤーなどの展示と、コンシェルジェデスクがあります

コンシェルジェディスクの脇には、MH audioのロゴが!!

_dsc8739_d27_fw800_srgb
↑超小型アンプDA-1と、アコースティックスピーカー「WAON(和音)」のセット
更に、DA-1と超小型モニタースピーカーの「KION(基本)」のセット一式が、展示されています。

WAONは、人気のツートンカラーのほか、ブラウン、ナチュラルアイボリーの他、無垢材でできたWAON mukuも揃っています。
陶器ボディの超小型モニタースピーカーKIONも、焼きの違う何種類かもおいてあります。

↓写真左上には、LINNのロゴ! こちらではあのLINNも扱っています。
LINNといえば、近年では、インテリアショップにも置かれたりしてますので、ご存知の方も多いとおもいますが、
レコードプレーヤーで有名な英国の老舗オーディオブランド、ネットワークプレーヤやDACなど早くからちゃんと取り組んでいるメーカーです。

_dsc8743_d27_fw800_srgb
コンシェルジェデスクの岩永さんは、代官山蔦屋の企画立ち上げメンバーでもあった方で
今は、ここ六本木ヒルズ店で、店舗づくりや商品の選定をされています。

バンド活動もされている岩永さん、MHaudioのパートナーであるアコースティックフィールドの久保さんと、なんだか話が盛り上がっていますw

オーディオマニアには憧れのLINN、そのお値段は、桁を見間違えたと思うほど立派ですが、勿論、それに見合う価値があります。

一方、LINNと並んで取り扱っていただいているMH audioのオーディオセットは
音を聴けば、それはもうお買い得としか言いようのない価値のあるものと(笑)最近はいろんな方から太鼓判をいただきます。

_dsc8734_d27_fw800_srgb

コンシェルジェデスクには「ピーターバラカン's LIVE MAGIC」のパネルが、、
こちらのお店も、このイベントに参加しているそうです。

ピーターバラカンさんと言えば、ロック、ポップスは勿論、民族音楽やちょっとマニアックな音楽やバンドなどなど
音楽好き知識人という風貌に似合わず、かなり熱い趣味人でもありますよね!
私もNHK FMの土曜日朝の番組「ウィークエンドサンシャイン」など、良く聴いております。

秋の夜長、、こちらの、ツタヤ六本木ヒルズ店は、朝の4時まで営業しています。
機会があれば、是非訪れて、店内を、そしてコンシェルジェデスクとその脇のMH audioをじっくり見てみてください。
きっとファーストクラスのおもてなしをしていただけると思いますヨ!


↓「TSUTAYA TTR」ツタヤ東京六本木ツイッター
https://twitter.com/TTRkeyakizaka/status/479947116060479488/photo/1

↓TSUTAYA TOKYO ROPPONGI のFacebook
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=480305078782954&id=197387570408041

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

諏訪5蔵で「くらもと古本市」始まってます

信州上諏訪の造り酒屋さん5蔵「真澄」「舞姫」「横笛」「麗人」「本金」で
古本&カフェ、お菓子、パン、古道具、、とかのイベントに MH audioも、音で参加してます。

MH audioは、3カ所の会場で、オーディオセットで音楽担当、先日準備に行きました時の写真です

こちら「真澄」さん
イベントは、蔵元ショップ「セラ真澄」の隣の「ギャラリー、松の間」にて開催中です。

Img_3131_d27_fw800_srgb
↑MH audioのアコースティックスピーカー「WAON(和音)」、超小型オーディオアンプ「DA-1」

スピーカーWAONは、どんな置き方でも良い音で響きますので、自由に置いてみてください。
勿論、きっちりセッティングすればバッチリ決まります。

Kuramoto2_2

真澄会場のテーマは「やっぱり本屋さんが好き」古書、新刊書籍、リトルプレス 他
出展は、ON READING、ことば屋、栞日、ch.books、バリューブックス、mountain bookcase、Little Booksellers

本を並べたりして準備中、、
このイベントの企画プロデュースのバリューブックスの篠原さん、ラジオの取材を受けてました。
Img_3088_d27_fw800_srgb
この会場では、カフェや、お菓子の販売など、入れ替わりであります。
樹齢三百年の松をみながら、美味しい珈琲にお菓子に本、そして音楽はいかがでしょうか

真澄さんでは店内の音響用にWAONを4台使っていただいていますので、ショップ「セラ真澄」の天井も見てみてください。

そしてこちらは、「横笛」さん

テーマは「湖畔の街にこんな古本屋があったらいいよね」古本いろいろ
出展は、あがのの森書房、追分コロニー、キジブックス、古書球椿、書肆月影、ハナメガネ商会、不二御堂、の皆さんです。

Img_3096_d27_fw800_srgb_14
ちなみに、音楽セレクトは、それぞれの会場のスタッフさんです。

音に興味がありましたら、ご自分の携帯プレーヤーを繋いで音を聴いてみてください。

接続の時は、あらかじめアンプの電源をOFFにして、プラグを抜き挿ししてください。
携帯プレーヤーのヘッドホン端子に繋いでアンプの電源を入れたら
携帯プレーヤー側の音量は最大にして、アンプDA-1のボリュームで音量の調整をしてください。

Img_3090_d27_fw800_srgb
こちらには、WAON mukuとDA-1のセットで音楽を流しています。
「横笛」さんの和の雰囲気にも合います。

そしてこちらは、「舞姫」会場
薄暗くて、展示してあるものも、なんだかかなり怪しいです。

テーマは「博物学の小部屋」鉱物、博物画、図鑑、自然科学の書籍、他

Img_3120_d27_fw800_srgb_2

メルキュール骨董店、atelier Rust、みやこし、バリューブックス、mountain bookcase の出展&プロデュースです。

Img_3117_d27_fw800_srgb
こちらには、MH audioの壁掛け薄型スピーカー「Hekiga(壁画)」と超小型アンプ DA-1で音出ししています。

------------------------------------------
このイベント、有名無名含め出展者さんたちがスゴイです。
地元の諏訪地方もですが、むしろ、山梨、松本、長野、軽井沢、名古屋、京都、、と、遠方からも、面白いコト、モノの人たちが集っており、質の高さはナカナカです!!

日替わり出展もありますが、とりあえずメモしておきます。

会場は、諏訪5蔵:舞姫、麗人、本金、横笛、真澄
全体プロデュース&事務局は、株式会社バリューブックス
そしてそして、出展者さんたちは、、

[本]
あがたの森書房、追分コロニー、ON READING、キジブックス、古書玉椿、ことば屋
栞日 sioribi、書肆月影、ch.books、はなちょうちん、ハナメガネ商会、バリューブックス
不二御堂、BOOK TRUCK、mountain bookcase、夕やけこやけ、Little Booksellers

[古道具と西洋骨董]
atelier Rust (アトリエラスト)、36、hacomori、BREVICAULE、別所古道具店
みやこし、メルキュール骨董店

[飲食]
atelier Rust (アトリエラスト)、アデムク亭、風草屋茶房、喫茶ヤマとカワ
キャトルセゾン、ことば屋、栞日 sioribi、八ヶ岳珈琲工房テーブルランド
Passo、ネコリズム、michelle~jeu de manne(ミシェル)、明治カフェ、モリノコーヒー
焼菓子ひはち、ルヴァン信州上田店、レストラン パニエ

[ワークショップ他]
MH audio(エムエイチオーディオ)、キモノコトハジメ

------------------------------------------
くらもと古本市「酒蔵の街の読み歩き」2014年9月6日〜9月15日
入場無料です

↓出展者さんたちの紹介があります
http://kuramoto.valuebooks.jp/shop/

↓くらもと古本市のFacebook
https://www.facebook.com/kuramotobookmarket

↓くらもと古本市のホームページ
http://kuramoto.valuebooks.jp

------------------------------------------
MH audioの「世界最小の本格オーディオ」もよろしく

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

↓アコースティックフィールドのWebショップ
http://acousticfield.shop-pro.jp/?

↓株式会社アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

サイトウ・キネン・フェスティバル(SKF)のCDコンサート!

長野県松本市では毎年夏に「サイトウ・キネン・フェスティバル(SKF)」が開催されています。
ご存知、小澤征爾さんが総監督をつとめる音楽フェスティバルです。

クラッシック好きには垂涎のフェスであり、地元民でも簡単にはチケットは取れません、、
が、CDコンサートなるものがあるのを「ソフィソナント・オーディオ」さんのBlogで知り、急遽キッセイ文化ホールに行ってきました。

このイベント、なんと無料です。貴重な演奏を貴重なオーディオ機材で聴かせていただけます。
_dsc3752_d27_fw800_srgb
ホストは、オーディオの世界では知る人ぞ知る、新 忠篤(あたらし ただあつ)氏
ゲストで、元トリオ(ケンウッド)社長で、音楽芸術にも造詣の深いの中野 雄(なかの たけし)氏もお話されてました。

今回は、サイトウキネンオーケストラの演奏で、マーラーの交響曲1番「巨人」
ここ、キッセイ文化ホール(当時の名称で、松本文化会館)2008年のライブレコーディングです。

次回からはSKFの名称も「セイジ・オザワ 松本フェスティバル」となる事が決まったらしいですね。

演奏会中は、コーヒーやお菓子の販売もあり、どうぞリラックスして聴いてください、、ですって :)
とはいえ皆さん真剣で、、お菓子を買っていたのは、私の他にほんの2〜3人くらいでした。

_dsc3770_d27_fw800_srgb
機材は、オーディオマニアの雑誌「管球王国」で登場する、新さんのリファレンスのシステム。
 高域:WE(ウエスタン・エレクトリック)の594Aドライバ+31Aホーン
 低域:ジェンセン L20、アルテックModel 825エンクロージャー
 ネットワーク:JBL N500(クロスオーバー 500Hz)
 アンプ:新氏設計製作、6SN7コントロールアンプ、WE 300B プッシュプルパワーアンプ
 CDプレーヤー:スチューダー A730

機材や音については、ソフィソナント・オーディオさんのブログに詳しいので、是非そちらをご覧ください。

予定のプログラムが終わって、オーディオマニアの方々が新さんのところに興味津々で集まってます、、

_dsc3789_d27_fw800_srgb
中央の方が新(あたらし)さん、私、以前にSPレコードによる演奏会でお会いしたことがありますが、技術者魂の方です。
新さんは、かつてフィリップス・クラシックの副社長を務められ、現在はサイトウキネンの録音コーディネーターをされています。

実は、一般のお客さんが帰った後も、オーディオマニアのオヤジどもが物欲しそうにしているものだから、新さんが、とっておきの音源をかけてくれました。
1947年のライオネルハンプトン、当時のディスク録音の音源を元にDSDで再生してくれました。
現代の録音とは別の意味で、非常にリアルで力強い音楽を聴かせていただきました。

_dsc3772_d27_fw800_srgb
スピーカーの後ろ側には、励磁用の電源が、、真空管が煌煌と光ってます。

現在のオーディオがのぞみ700系とすれば、こちらは蒸気機関車D51の風情といったところでしょうか。
なんか、オーディオの方にも、鉄道系の方にも失礼なたとえですが、、一般の方にどう説明していいやら、、。

帰りに、本日聴かせていただいた2008年のサイトウキネン小澤征爾のマーラーのCDをホールロビーで買い、
先日お世話になった笠原書店さんに寄って、雑誌「管球王国」を買ってしまいました。
「管球王国」には、新さんをはじめ、凄いオーディオシステムがいっぱい出ています。

Img_3062_d27_fw800_srgb
せっかくなので、サイトウキネンの小澤征爾さんとデスクトップで記念撮影
 Mahler Symphony No. 1 "Titan", SAITO KINEN ORCEHSTRA / SEIJI OZAWA, DECCA 2008
 Stereo Sound 別冊 「管球王国」THE TUBE KINGDOM, Vol. 73, 2014 Summer
 Chord USB & Bluetooth DAC 'Chordette GEM' /2009
 MH audio Micro Audio Amplifier 'DA-1' / 2014
 Western Electric Electron Tube '300B' / 1988

オーディオの世界は千差万別、巾も広いが奥も深いです、、
管球王国に出ている方々は、部屋の広さも、お値段も、私たちとは2桁以上違う世界です。。;

しかしながら、一人一人の満足度は、サイズや価格には比例するとは限りません。
立派なオーディオで大満足の人もいれば、いつまでも満足できない(という楽しみの)人も、、
そして、小さいシステムで大いに音楽を楽しむ人もいっぱいいます。

ラジオやCDで音楽に触れ、ホールに出かけて生の演奏に感動する、そしてまた家で音楽を楽しむ、、
音楽とオーディオが二人三脚で、人々の暮らしや心を豊かにしてきた歴史をあらためて感じました。

------------------------------------------
ソフィソナント・オーディオさんのブログ

↓こちらの記事でCDコンサートを知りました
http://sophisonant.com/_blog/2014/08/サイトウ・キネン%E3%80%80cdコンサート/

↓こちらの記事は、私の行った第3回の時の記事です
http://sophisonant.com/_blog/2014/09/サイトウ・キネン%E3%80%80cdコンサート-2/

↓以前のJazz OlympusでのSP鑑賞会の記事
http://mh-audio.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/sp-at-jazz-olym.html
------------------------------------------

↓サイトウ・キネン・フェスティバル 2014のオフィシャルページ
http://www.saito-kinen.com

↓SKF松本のFacebookページ
https://ja-jp.facebook.com/SKFmatsumoto

↓Stereo Sound別冊「管球王国」
http://store.stereosound.co.jp/user_data/bookcategorylist.php?category_id=13
------------------------------------------
MH audioの「世界最小の本格オーディオ」も是非よろしく

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

↓アコースティックフィールドのWebショップ
http://acousticfield.shop-pro.jp/?

↓株式会社アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

風呂で3Dプリント、野原でMac

ものづくりの形はここのところ激変してますね

こちら、友人の物造り基地にて、3Dプリンターを動かしてます
場所は、風呂場(バスルーム)
_dsc8696_d27_fw800_srgb
↑風呂のフタの上に友人自作の3Dプリンター、壁にはタブレットPC
段ボールのフタは保温に、洗面のケープは、、解る人には解る、3Dプリンター使いの常識?ですw

いまやパソコン仕事もどこでもできますね、メールとか、このBlogも、こんな景色の車中で書いてます
Img_3032_d27_fw800_srgb
ソバの花も咲いて、長雨の後は抜けるような空

ハンドメイドのMH audioですが、家具屋さん精密屋さんなど、大型で高価な機械と、熟練の技術を要するものから
3Dプリンターのような、イマドキの方法で造っているものもあります。
適材適所、自分が求めるものを最短最適で造るためには、ありとあらゆる手段を試します。

そういえば、こないだ、お隣さんから松茸をいただきました。

_dsc3375_d27_fw800_srgb
立派ですねー、今年は豊作みたいですよ
アコースティックスピーカーWAONと、超小型オーディオアンプDA-1と一緒に記念撮影、CDは何故か八代亜紀

松茸もですが、人の手ではどうしても作る事のできないものは、まだまだ世の中に沢山あります。
何でも簡単に手に入るって便利だけど、不便が楽しいってこともありますよね。

なんだかんだで、やること山積みなのに何やってんだ、、といった感じです
------------------------------------------

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

↓アコースティックフィールドのWebショップ
http://acousticfield.shop-pro.jp/?

↓株式会社アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp
------------------------------------------

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »