« 古民家をゲストハウスに「Grand Line」の仕事 | トップページ | HA-1 スーパーカスタムモデル、ヘッドフォン祭りに出します »

2014年5月 1日 (木)

2k540の「日本百貨店」にて、WAONとDA-1聴けます

アキオカ2k540にある「日本百貨店・ふるどうぐ」さんで、MH audioのアコースティックスピーカー WAON(和音)と、超小型アンプ DA-1を扱っていただくことになりました。

2k540と聞いて、ピンと来る方は、ちょっとした物好きですね(笑)

JR秋葉原駅と御徒町駅の間のガード下にJRが作った「AKI-OKA ARTISAN 2k540」は、アート、クラフト、雑貨などのショップや工房が50近く集まった新スタイルのショップ群です。
(アキオカ アルチザン ニケーゴーヨンマルと読みます、2K540は東京駅から2540m地点らしいw)

下の写真は「日本百貨店 ふるどうぐ」さんの店舗奥の事務所部分での打合せ風景です。
ちょっとした材料やらなにやら雑多な感じはクリエーションするには必須の環境ですw

_dsc4805_fw_srgb
↑左上の方が「日本百貨店・ふるどうぐ」店長の青木さんです、右奥には作業用のボール盤も見えます

ここ、アキオカ2k540には「日本百貨店」と「日本百貨店 ふるどうぐ」の2店舗がありまして
「日本百貨店」は、日本ならではのこだわりの雑貨がいっぱいある百貨店で明るく楽しいお店
「日本百貨店 ふるどうぐ」は、文字通り古道具屋さんで、一見は入りにくい(笑)感じ

_dsc4799_fw_srgb
↑こちら「日本百貨店・ふるどうぐ」お店っぽくない外観ですが、中をのぞけば古道具が見えます。
物好き、アンティーク好きにはたまりません。

お店には、お盆、お皿から、小机、箪笥まで、、昭和のちょっと懐かしく味のある、しかも実用的なものたちが置いてあります。骨董というのとはちょっと違います。あくまで実用品ですが、新品では絶対に出せない優しい味と美しさのある逸品が置いてあります。

こういう物のセレクトにはかなりのセンスが必要ですね。
私、ついつい幾つか買ってしまいました。持ち帰れなかったのでお預かりをお願いして、、とう縁で、店長の青木さんから「MH audio?? 小型本格オーディオ」って、何?ってことになって、実物を見ていただく事になったわけです。

造りを見て、音を聴いてもらった結果、一発で「扱いましょう!」wとなったしだいでして、、青木さんの眼力もさることながら、日本百貨店の会社としての柔軟性も流石です。

_dsc4820_fw_srgb
↑小型スピーカーWAONの底部に装備されている三脚対応ネジの説明中
手前WAONは専用スタンドでセッティング、奥のWAONはミニ三脚でセッティングしてみてます

店長の青木さんは写真もお好きなようで、作業台の上には私のと同じw高級レンズ装着の大きめのNikonの一眼が置かれてました、また、オーディオの知識も豊富で、しばしいろんなお話をして、、という感じです。

「日本百貨店 ふるどうぐ」では、アンプDA-1と、スピーカーWAON、そして、WAON用のスタンドなどを展示して、試聴、購入していただけます。

_dsc4817_fw_srgb
↑メモ用に撮った写真です、スピーカー WAONの背中にはMH audioのこだわりポイント(笑)が
いくつか見えます

 角の面取り:面取りっていうのは、なんでも無い様に見えますが、作り手のこだわりとセンスが最も出る部分です。
丸にするか角にするか、どのくらいの量にするか、角と角の合わせ目をどうするか、、いかがでしょうか? これは、好みの問題というより、全体のイメージを決めてしまう最も重要な部分です。

 接続端子:スピーカーボディに直づけのバナナプラグ対応端子。市販高級スピーカーでもプラスチックの部品に端子を付けているのを良くみかけますが、WAONはボディ強度を考えて直づけです。太いケーブルのバラ接続やバナナプラグにも対応です。

 ワニグチクリップ付きSPケーブル:これは試聴用のケーブルですが、ワニグチ(正確にはミノムシクリップ)は、簡単に脱着できるのに、しっかりコンタクトして、しかも、万一ケーブルを引っ掛けてしまった時に外れてくれるので実用的です。

 ロゴとシリアル番号:MHaudioのロゴは、一時期レーザーで入れてましたが、やはり焼き印にしました。物によって若干斜めだったり色が濃かったり、どら焼きみたいです。
シリアル番号は1セットづつペアで製作しているのでお客様に渡った後でもトレースできるように入れています。

_dsc4811_fw_srgb
↑アンプDA-1のボリュームツマミは、オプションで付け替えていただく事ができます。

 ボリュームツマミっておざなりにされていると思いませんか?
最近の機器は殆どの操作が押し応えのないソフトスイッチになってしまっていて、ボリュームが回転式で残されていたとしても、もう少しまわし心地とかデザインを考えて欲しかった、、って思う事があります。

という訳で、色違いは勿論、ローレットのありなし、アルミ、真鍮など、いろいろありますので、ご希望があれば、お店で付け替えていただけます。 既にお持ちの機器に付け替えたいという方には、ツマミだけのご購入も可能です。

秋葉方面にお出かけの物好きの方、WAONが気になっていた方は、是非いちど実物を見て、音を聴いてみてください。店長の青木さんもじっくりつき合ってくれると思います。

本格オーディオ音質なのに、超小型アンプ&癒し系でウッディな外観のWAONは、味のある古道具とも相性が良いと思いますので、そんな組み合わせも妄想してみてください。


↓日本百貨店
http://www.nippon-dept.jp

↓AKI-OKA ARTISAN 2k540
http://www.jrtk.jp/2k540/

↓日本百貨店・ふるどうぐ
http://nippon-dept.jp/store

↓日本百貨店のスタッフブログ日々のこと「机の上の小宇宙」
http://ameblo.jp/nippon-dept/entry-11835229308.html

|

« 古民家をゲストハウスに「Grand Line」の仕事 | トップページ | HA-1 スーパーカスタムモデル、ヘッドフォン祭りに出します »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/55998256

この記事へのトラックバック一覧です: 2k540の「日本百貨店」にて、WAONとDA-1聴けます:

« 古民家をゲストハウスに「Grand Line」の仕事 | トップページ | HA-1 スーパーカスタムモデル、ヘッドフォン祭りに出します »