« 春のヘッドフォン祭 2012 報告4 デスクトップオーディオなど | トップページ | 春のヘッドフォン祭 2012 報告6 研究会系、同好会系ブースなど »

2012年5月21日 (月)

春のヘッドフォン祭 2012 報告5 充電式9V電池、ブースジャック

ヘッドホン祭りでは、HA-1のユーザーさんが来て、いろんな事を教えてくれます

こちらの自分カスタムのHA-1ユーザーさんは
充電式の9V電池(006Pタイプ)をいろいろ試したが、、コレがおすすめかもとのこと
_dsc6611_forweb800
↑奥の左のあずき色のHA-1は自分で塗装とのこと、イイ色ですね! その右の電池POWEREX

HA-1は、あえて充電式にはせず、シンプルな9Vの乾電池式にしております。

理由は、
 充電式で多い3.7Vより高い9V電源による安定した高音質を狙いたい
 充電式で必要な電池の充放電と安全性の為の制御回路なしで音質最優先にしたい
また、充電式の中には3.7Vを昇圧しているものもありますが、これは、ノイズ発生源を搭載しているようなものですから
ノイズに特に敏感なヘッドホンアンプとしてはちょっと辛いです。

この9V電池というのは、絶妙なサイズと電圧で、ポータブルオーディオ用に理想的な電源です。
こんな良いもの使わない手はない、ということでHA-1は9Vの角形電池を使っております

角形の9V電池は006P型とも呼ばれる規格品です、100均ショップで2本100円で手に入りますし、
コンビニや海外でも容易に手に入れる事ができるというのも、ポータブルアンプとしてはメリットと思っております。

_dsc8550_forweb800

しかしやはり、充電式が良い、、といわれる方も多いです。
そんな方には、充電式の9V電池、というのが世の中には存在します。
各種タイプと電圧が存在するようですが、ユーザーさんが、参考までにといって持ってきてくれた電池は
POWEREX 9.6V という、白地に黄色文字のものでした

この方、電池関係が専門の方のようでして、かなり詳しいお話を聞かせていただきました。
 充電式の電池の使用には、信頼できる充電器を使う事が絶対条件とのこと
 また、リチウムイオンはエネルギー密度が高いが、個体差によるリスクもあるので
いまのところニッケル水素系のほうが良いのでは、、とも話をされておりました、なるほど

HA-1は9Vの乾電池(マンガン電池やアルカリ電池)を前提に造っておりますが
HA-1を手に入れられたユーザーさんが、ご自分の物をどう使おうがその方の自由ですので、、
自己責任にて存分に楽しんでいただければ良いとおもっております。

さて、ということで、、むむ?
_dsc6891_forweb800

あれれ??
_dsc6907_forweb800
HA-1メタルジャケットの横に、なんだか怪しい物体が、、

そしてアレヨアレヨと言う間に、その数が増え、、
_dsc6919_forweb800
手前のHA-1と比べるべくも無く、ポータブルと呼べないようなポタアン群に挟まれ

そして、ヘビポタ軍団による、ハイジャックならぬブースジャック宣言!!!
_dsc6937_forweb800_2
やられちゃいました

だったら、場所つくってやっから、ここにオケー
_dsc6952_forweb800
ということで、中央ステージに展示してみました

最終的にはヘビポタ軍団のボスのボーリュームノブを逆ジャックして和平宣言がされましたw
_dsc6960_forweb800
MH audioで用意しております、ちょっと長めのヴィンテージなボリュームツマミです

各機器スペックについては、コメントにてヨロシクです


↓ボリュームノブはこちらからお求め可能です

http://www.acousticfield.jp/MHaudio/option.html

↓アコースティックフィールドへのお問い合わせページ
http://www.acousticfield.jp/MHaudio/contact.html?

|

« 春のヘッドフォン祭 2012 報告4 デスクトップオーディオなど | トップページ | 春のヘッドフォン祭 2012 報告6 研究会系、同好会系ブースなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/45317303

この記事へのトラックバック一覧です: 春のヘッドフォン祭 2012 報告5 充電式9V電池、ブースジャック:

« 春のヘッドフォン祭 2012 報告4 デスクトップオーディオなど | トップページ | 春のヘッドフォン祭 2012 報告6 研究会系、同好会系ブースなど »