« Nikon D800、HA-1メタルジャケット | トップページ | 諏訪吞みあるき、新セラ真澄工事中 »

2012年2月22日 (水)

ポータブルオーディオフェスティバル 大阪

e☆イヤホンが主催で、Portable Audio Festival 2012というイベントが今週土曜日(2月25日)大阪で開催されます
MH audioは、アコースティックフィールドさんのブースで出展いたします。

E_ear_portable_audio_festival

で、あいかわらず品切れ状態のケーブルなどつくってました。
といっても、なんだか見た目より随分手間がかかってしまっており、少ししかできていません。

_dsc3412_forweb800_2
 左上の緑と透明の被覆のものは、金と銀の合金素材「オーグライン」です。
 他のカラフルなのは、厳選されたノーブランド線材です(ホントデス)

上記のiPod/iPhone用の他、Sony Walkman用も少し造りました。

_dsc3407_forweb800

物は、アコースティックフィールドさんのホームページから、か、eイヤホンの秋葉原店にありますので
ご興味のあるかたはご覧ください。

Dsc01546_forweb800

店頭では、ケースや袋でケーブル自体が見えにくいかもしれませんので、店員さんに声かけていただき
是非とも中みせてもらったり、ご試聴してみてください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【ケーブルに関して追記】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ケーブルの材質について追記します。
実は、私、、、なるべく、音に関する個人的な感想をBlogで書かないようにしています。
 というのは、メーカーの書く記事ほど当てにならないものはない(笑)と、日頃おもっていまして、
しかしながらあえて少し書かせていただきます。

 オーディオケーブルに関しては、ブランド信仰や、材質信仰があることは事実です。
また、それが必ずしも間違いではないとも思いますが、行き過ぎでは?、と思う事もままあります。
 
 私の場合、自分の感性(見た目や触り心地から入って、結局は音ですが)では、太いケーブルより細いケーブルのほうがきっちりとした音、つまり
情報量、が伝わる傾向にあると感じています。特の信号(ライン)系。

ということで、MH audioのDockケーブルはどちらかというと、細めで造っています。
緑と透明の被覆のケーブルは、有名な「オーグライン」で現代的な繊細さのある傾向です。

また、Type Bとアコースティックフィールドさんが呼んでいるものは、実は、産業用ロボット(いわゆる工場の現場で使われる自動機)で使われるケーブルをバラしたものです。
 素材はメッキなしの銅の細い縒り線によるもので、性能本意、つまり、きっちり信号を伝える、厳しい環境や動きに対して耐久性がある、という質実剛健のものです。

 はじめは、ケーブルの被覆の色が奇麗なのとその造りの良さに一目惚れして使ってみたのですが(全体が黒いPVCのチューブで覆われているのでバラさないと見えないのですが)、、
実際には芯のある充実感のある音で、、これは、私だけでなくアコースティックフィールドさんの意見でもあり、、
不思議と、ユーザーさんからよせられる意見からも、その実力が伺え知れて面白いことになっています。

実際、オーグラインとともに2本お使いのユーザーさんもかなりいらっしゃるようで、私自身も驚いています。
以下実際に寄せられたご意見の抜粋です、、
ーーーーー
(試聴時のご意見)
早速、2本のDockケーブルを装着し聞いてみました。
どちらも甲乙つけがたい特色があり、A-01は透き通るような高音の伸びが今まで以上に感じられます。
B-02は、全体のバランスがよく、柔らかく聞きやすい音が感じられます。
(お求め後のご意見)
B-02がノンブランドの線材とは知りませんでした。
でも、ケーブルはジャズ、ジャズヴォーカルなどをしっとり聞くと、首筋あたりがぞくぞくしてきます。ん?
XXX(某有名ブランドケーブル)を使用していたのですが、B-02のほうが、使い勝手がよく厚みのあるバランス良い音質だと感じました。
ーーーーー
と、なんだか、怪しい記事になってしまいました(爆)
あくまで個人のご感想です。

ちなみに、Type Bと呼んでいるものは、色がイロイロありますが、素材は同じです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ポータブルオーディオフェスティバルの告知ページ
http://gigaplus.makeshop.jp/gcom1420/PAF/index.html

↓アコースティックフィールドのページ
http://www.acousticfield.jp/MHaudio/option.html

↓アコースティックフィールドへのお問い合わせページ
http://www.acousticfield.jp/MHaudio/contact.html?

|

« Nikon D800、HA-1メタルジャケット | トップページ | 諏訪吞みあるき、新セラ真澄工事中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/44210188

この記事へのトラックバック一覧です: ポータブルオーディオフェスティバル 大阪:

« Nikon D800、HA-1メタルジャケット | トップページ | 諏訪吞みあるき、新セラ真澄工事中 »