« ミニマルなオーディオ | トップページ | iPod/Walkman用 Dockケーブル »

2012年1月27日 (金)

NHK朝ドラ「カーネーション」

NHKの朝の連続テレビ小説「カーネーション」に超ハマっている。
コシノヒロコ、ジュンコ、ミチコの三兄弟の母親、小篠綾子の生涯の実話に基づくフィクションストーリーだそうだ。
_dsc0496_forweb800
  ↑年末に放送された、前半の総集編から

真直ぐで男気な主人公の糸子、超頑固ながら糸子が大好きな親父さん、愛すべき能天気な母、無垢で無邪気な子供たち、、と戦前戦後の昭和の時代背景とあいまって、毎回期待以上の内容で目がはなせない。

椎名林檎のタイトル曲もイイ、椎名は、東京事変系のノリ中心の曲より、歌詞とメロディーで聴かせる曲のほうが断然良いと思う。
_dsc0501_forweb800

NHKの連ドラは、見出すと結構大変なのでハマラないように、シリーズ最初を見ないようにしているのだが、、途中からみても、結局はまってしまう。
傾向としては大阪担当のほうが良い。今回は、ストーリー、シナリオから、映像、演出などの細部においても相当レベルが高く、毎回の15分がかなり濃い。

今回のカーネーションは、最初の勢いの良い話から、戦中の暗い内容、最近のちょっと微妙な恋愛話と、、先細りになるかとおもいきや、、相変わらず全然目が離せないし、へたすれば週に1回はうっかり涙してしまう、、
 
幾分模範的に描かれているかもしれないが、小さな洋服屋の糸子の姿勢と行動は、物づくり、経営、家族の原点を再認識させられる。

|

« ミニマルなオーディオ | トップページ | iPod/Walkman用 Dockケーブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/43872042

この記事へのトラックバック一覧です: NHK朝ドラ「カーネーション」:

« ミニマルなオーディオ | トップページ | iPod/Walkman用 Dockケーブル »