« 秋のヘッドフォン祭2011報告(その3、オーロラサウンド、シリコンバンド) | トップページ | 宮沢賢治、松本隆、冨田勲、、詩と音楽 »

2011年11月 7日 (月)

秋のヘッドフォン祭2011報告(その4、ヘッドホン女子、デスクトップオーディオ)

秋のヘッドフォン祭2011 報告、第4弾です

今や、ヘッドホンはファッションアイテムの1つにもなりつつあります。
こちら、スピーカーの試聴会場の様子ですが、、
_dsc0506_forweb800
スピーカーより、女子アシスタントのヘッドホン姿が気になります
似合ってますねぇ

こんな写真の展示ルームもありました!
「Headphone Girls」 ヘッドホンガールズ/東京神父 の写真展
_dsc0496_forweb800
うーむ、、、なんだこれは
ヘッドフォンで音楽を聴く恍惚の表情の女子を東京の街でフォトシューティング
たまにエロやコスプレもトッピングされていて

ロンドンでもニューヨークでも上海でもない、東京ならでは感がいいですねえ


LUXMANの展示ルーム前では、こんなアンケート調査もされていました
_dsc0510_forweb800
お使いのヘッドホンの価格帯は?:
  1万円〜3万円が最も多く、10万円以上もかなりの人数が、、
いつも音楽を聴くスタイルは?:
  ヘッドホン祭りですからヘッドホンが1位ですが、スピーカーも方も多いですね、、


今回もMH audioは超小型アンプ&スピーカーでコーナーをつくりました
いつもより多くの方が試聴されてました
_dsc0432_forweb800
  ↑MH audioの超小型アンプ DA-1、小型スピーカーWAON他

音楽を家で聴く時にヘッドホンじゃちょっと窮屈、、だけど、スピーカーじゃ場所が限られるし音量もそんなに出せないし、、
という方に、デスクトップオーディオはオススメです

スピーカーWAONはCDジャケットサイズの小型スピーカーですが、パソコンSPのような安っぽい感じでなく、また逆に、変に目立つ事もないので、デスクトップや日常生活で、毎日の音楽のお伴(表現が昭和〜w)にしていただけると思います。


たとえば、こんな感じ、、
小さな机1つあれば、立派な音楽鑑賞環境の出来上がりです
_1010971_forweb800_2
超小型アンプDA-1は、HA-1と同じタバコサイズながら、10W + 10W出力の本格派。

音は、見た目からは想像できないような高音質で、情報量もありながら自然な音を聴く事ができます。
これだけシンプルでも我慢する感じは全くなく音楽を堪能できます。バランスと音場感は小型シンプルなシステムでしか得られない良さがあります。

 ↓オーディオスクエアの試聴室に置かせていただいている、DA-1とWAON
P1050772_forweb800
もちろん、大型の立派なシステムでなければ得られないオーディオの楽しみはありますが、、
 大型(ブックシェルフと呼ばれている中小型のものも含めて)のスピーカーより、超小型スピーカーの優れている点は、、

(1)理想的なセッティングできる
 スピーカーで聴く場合の実際の音は部屋や設置場所に大きく影響されます。小型SPならセッティング(置く場所や方法など)の自由度が高く、理想的なセッティングが可能です。
 セッティングに迷ったら、机の上、パソコンディスプレイの両脇くらい、、手を伸ばせば届く距離に70cmくらいの間隔を置いて、できれば小型三脚を使って、机面から10cm程度離して設置してみてください。もちろんきまりはなく、使う人の自由です。

(2)小音量で最高の音質
 例えば車の場合、高速道路を毎日走る人と、街中をちょこちょこ走る人では、適切な車のサイズや排気量は違うのは当然でしょう。
 大型のスピーカーは、ある程度の大音量を出してこそ性能が発揮されますが、小音量の時は性能が発揮されない、といっても良いでしょう。つまりオーディオメーカーの試聴室のような環境がなければ宝の持ち腐れなのです。
 私たちの生活の中では、おそらくテレビ程度の音量で音楽を楽しむのがほとんどでしょう。まして、1人や深夜に音楽を楽しむ場合の音量は、かなりの小音量です。
 このような小音量時に最高の性能、音質が得られる事を考えると、小型のスピーカーが理想的、ということになります。

というわけで、、ヘッドホン祭りが終わり、帰る途中、、
TESLA Motors(テスラモータース)のショールームがありました!
_dsc0592_forweb800
EV(電気自動車)のTesla Roadstarです

ロータスエリーゼベースのシャシーにパソコン用リチウムイオンバッテリー6000個余を搭載し
0-100km加速4秒以下の超高性能でありながら、約400kmの巡航が可能とスゴイ車です。
シリコンバレー、パロアルトのベンチャー企業が車を作ってしまう時代です。しかも世界で注目され、環境に敏感な車好きセレブたちに売れている様子。

_1360993_forweb800
車の概念が大きく変化する中、オーディオもダイナミックに変化していいはずです。
MH audioでは、これからも既存の価値観にとらわれることなく「個人が気持ちよく楽しめるモノ」を追求していきます。


ヘッドホンガールズ Headphone Girls

http://www.kubrickdesign.com/headphonegirls.html

ステラモーターズ Stela Motores
http://www.teslamotors.com/

MH audioのページ by アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp/MHaudio/index.html

Keywords:
秋のヘッドフォン祭2011、ヘッドフォン祭り、ヘッドホン祭り、Headphone Festival Autumn 2011
秋の、2011、MH audio, MHaudio, MH-audio, HA-1, HA1, HA 1, HA_1、ヘッドホンアンプ、ヘッドフォンアンプ、ポタアン、PHPA、スタジアムプレイス青山、アコースティックフィールド
フジヤエービック、fujiya-avic、Acoustic-field、USTREAM TV、Dockケーブル
DA-1、DA-1h、WAON、Shigaraki、ヤチムン、白磁、Hakuji、ボリュームツマミ、ノブ
デスクトップオーディオ、PCオーディオ、超小型アンプ、超小型スピーカー
ステラ、ステラモータズ、Stela Motores、EV、電気自動車、プラグインカー、リチウムイオン電池
ロータスエリーゼ、Lotus elise、和音、信楽

|

« 秋のヘッドフォン祭2011報告(その3、オーロラサウンド、シリコンバンド) | トップページ | 宮沢賢治、松本隆、冨田勲、、詩と音楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/42819905

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のヘッドフォン祭2011報告(その4、ヘッドホン女子、デスクトップオーディオ):

« 秋のヘッドフォン祭2011報告(その3、オーロラサウンド、シリコンバンド) | トップページ | 宮沢賢治、松本隆、冨田勲、、詩と音楽 »