« 秋のヘッドフォン祭2011報告(その1) | トップページ | 秋のヘッドフォン祭2011報告(その3、オーロラサウンド、シリコンバンド) »

2011年11月 3日 (木)

秋のヘッドフォン祭2011報告(その2、Ultrasone、HA-1メタルジャケット)

秋のヘッドフォン祭2011 報告です

日本でウルトラゾーンを扱うTimeloadのお姉さん。
ULTRASONEは、今回、新製品 Signature PROを発表、パーテーションによる個室で試聴していました。
_dsc0345_forweb800
Ultrasoneのeditionシリーズは、April MusicのUSB-DAC、EXIMUS DP1で試聴。
PCはEPSON Direct の Endeavor Sシリーズ、NP25Sにマイクロモニター
こういうところにもセンスがありますね。

Timeloadでは、editionシリーズの保証期間を1年から5年に延長してくれるサービスをしてました。
_dsc0458_forweb800
現物の状態を確認して、リストでシリアル番号をチェックし、手続きしてもらいました。
こういう地道できめ細かな事をちゃんとすることが、ディーラーの仕事だなー、と改めて思いました。


前回報告でちら見せの、HA-1 x iPod Classic専用、真鍮メタルジャケット!!
_dsc0380_forweb800
春のヘッドフォン祭でも見せていただいいたユーザーさんの自作品です。
本体は真鍮、内側は革を貼り、HA-1やiPodをやさしくグリップします。

真鍮(しんちゅう)とは、黄銅とも呼ばれ銅と亜鉛の合金で、固さと柔らかさを兼ね備え
素では控えめな金色、錆びると味のある茶色となります。
 英語ではBrass、ブラスバンドのブラスです。
トランペット、トロンボーン、サックスなど金管楽器にもつかわれる音響的にもバランスの良い素材です。

ベルトにつけると、こんな感じ。
_dsc0387_forweb800
前作は、ベルトフックが本体と一体になっていましたが、今回は、フックに自由度をもたせ、アンプ操作をしやすくしてあります。
また、iPod上のボタンもアクセスしやすくなっていました。

あまりの完成度の高さに、お話をお聞きすると、芸大で金属を教えられている、とのこと。
なるほど、やっぱり流石です。
_dsc0364_forweb800
欲しいものが無いから作る。作ったら使う。使ったら更に改良する。
自分で創り、自分で使うからこそ解る、物づくりの基本を改めて感じました。
素晴らしいものを見せていただきました。

|

« 秋のヘッドフォン祭2011報告(その1) | トップページ | 秋のヘッドフォン祭2011報告(その3、オーロラサウンド、シリコンバンド) »

コメント

真鍮メタルジャケットが格好良すぎです。
いいセンスだなぁ~
HA-1も実は真鍮のパネルとかツマミ、スイッチ類が似合うかも知れませんね。

投稿: まさ | 2011年11月 4日 (金) 23:16

カッコイイですよね
HA-1も数個だけ真鍮のツマミが存在しますw
このジャケットに合う、ケーブルとか、、作ってみたいですね!

投稿: MHaudio | 2011年12月 3日 (土) 04:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/42817939

この記事へのトラックバック一覧です: 秋のヘッドフォン祭2011報告(その2、Ultrasone、HA-1メタルジャケット):

« 秋のヘッドフォン祭2011報告(その1) | トップページ | 秋のヘッドフォン祭2011報告(その3、オーロラサウンド、シリコンバンド) »