« 夏にはスガシカオが聴きたくなる | トップページ | 巨大ズッキーニと超小型オーディオ »

2011年8月26日 (金)

スティーブ・ジョブズ引退

アップルCEOのミスターAppleこと、スティーブ・ジョブズが引退を表明した

ついにその日が来たか、というより、え!もう?、、まだまだやってくださいよ、、寂しいナあ
というのが正直なところです。

今や説明するまでもないが、Mac、iPhone、iPod、iTune、そしてiPadと、革新的で、同時にフレンドリーで実用的な製品やサービスを生み出し、常に先頭を走り続けるアップル。その創設者であり、最高責任者であると同時に、個々の製品のヴィジョンから細部に至るまでのコダワリを貫きアップルを率いてきたリアルタイムの伝説男、それがスティーブ・ジョブズです。

世の中にはアップルファンという人たちがいまして「自分は誰より先にアップル製品を使っていた」事を自慢し、友人知人にMacを勧めまくる、、という事をiPodが出る以前のはるか昔からやっている人たちですw

378105005_c5deed3489_z
 ↑写真は10年前の2001年、写真関係のショーの準備風景、iMacにカラーバリエーションが出てきた頃です
 この頃から「iMac?!カワイイじゃん」と一般人の認知が始まったのです。
 中央上のカラフルなのは「iMac Flower Power」というカラーモデルでした。

 私の場合、会社で導入したMacintosh II が最初のApple製品でした。Mac IIはフルカラーグラフィックスが扱え(といっても、高価なビデオボードは別売りでしたが)レーザーライターをつなげてAldus PageMakerでPostScriptのアウトラインフォントを使えば、当時最先端のDTPが体験できる夢のようなマシンでした。
 まだPhotoshopが、その前身のDigital Darkroomという名前で、Illustratorが88だった頃のお話です。古っ

 導入したのは、Mac II x(68020)という、Mac II fx(68030)になる直前のモデルでした。
フロッグデザインによるシンプルモダンな筐体がIBM PCとは全く異なる雰囲気を主張していました。

 その後、会社で、家で、、何台のMacを使ったことでしょう、、20台は下らないとおもいます。
そういえば一時期、Macintosh Lisa も所有してましたっけ、、といっても、マニアでは全くないのですけれど。
ということで、とりあえず近くにあったApple製品を並べてみました。

Dsc01943_forweb800
 あと、別の場所にも大物がありますが、、

 iMacやiPodが出る2000年以前までは「Mac使ってる」て言うと、変態じゃないか、、みたいな事をいわれたものですが、今や知らぬ人がいないiPhone、音楽文化を変えてしまったiPod&iTune、オサレな人は皆Mac、お年寄りにはiPod教室w、という時代になり、遂に今月「アップル時価総額世界一!!!」と名実ともにナンバーワンになり(祝)、、ザマーミロと(誰に言っているのかわかりませんが)喜んでいた矢先、、カリスマ、スティーブ・ジョブズが引退、、とは、、ちょっとヤラレました。
 時代が変わっていくのだなあ、、と、感慨深くおもうのです。


語り尽くされていはいますが、私の思う、スティーブ・ジョブズ=アップル のいいところ:

・ヴィジョンがあって、それに確信をもって続けて実現する
  知らない人は全てが一発でヒットしてると思っていますが、、そうではありません。
したたかに、時には、あきらめて一旦離れたり時間をおいたりしながら、挫折もしつつも続けてきたのです。

・ハードウェアとソフトウェア、コアエンジンとユーザーIF、構造とデザイン、生産方法とビジネスモデル、全体と細部、リアルとネット、という相反、あるいはどちらかに偏りがちな事の双方の大切さを良く理解し、それら全てを、ある種の「美意識」をもって製品とサービスに昇華している。

 最近の企業経営者らに思う事は、経営という名の元に金勘定と組織論に終始し「ヴィジョン」がない。また「物づくり」について観念的かつ具体的に理解しておらず、更には「ユーザー視点」の感性に乏しすぎる、ということです。
 従って、従業員にもお客にも説得力が無く、陳腐な商品やビジネスしかできなくなってしまっているのではないでしょうか。別の言い方をすると、スジが通ってないのです。

 製品にもサービスにも「世界観」が必要なのです。Appleファン(Mac好き)の人たちは、Apple社、Apple製品の持つ世界観に惚れてしまうのでしょう。だから他人がなんといおうがMacを使い続けてきたのです。そういう意味で、我々はジョブスの同志と言っても良いのかもしれません。

と、
偉そーな事を言ってますがw、、今の世の中では経営者にそれを求めても難しいのかもしれませんね。
現代でそれができるのは、個人か小さい組織に限られてしまうでしょう。Appleでジョブズが強いヴィジョンと世界観を先導し実現してきたのは奇跡だったのかもしれません。
 彼は会長的な立場で残るようですが、、今後のAppleがどうなるか見守りたいとおもいます。

最後に、有名なジョブズのスピーチをどうぞ、、心が熱くなります。
↓2005年、スタンフォード大学の卒業式にて

続きは

 ジョブズのスピーチを聴いていて、最近流行の Serendipity(セレンディピティ)という言葉を思い出しました。ジョブズのような人をセレンディピティのある人というのでしょうね。
 MH audioも、世界観のある物づくりをしていきたいとあらためて思いました。


Keywords:
アップル、Apple、スティーブ・ジョブス、スティーブ・ジョブズ、スティーブジョブス、
スティーブジョブズ、Steven Paul Jobs、steve jobs、アップルCEO、Apple CEO、
最高責任者、マック、Mac、マッキントッシュ、Macintosh、iMac、MacBook Air、
MacBook Pro、Mac Pro、Mac mini、iPod、iTune、iPhone、iPad、MacOS、Lion、
アップルコンピューター、Next、Pixar、ピクサー、ティム・クック、ティムクック、
Tim Cook、AAPL、スタンフォード大学、Stanford University、
Steve Jobs' 2005 Stanford Commencement Address、
Keep hungry, Keep foolish、ミスターApple、Mr. Apple、カリスマ、Charisma
セレンディプティ、セレンディピティ、Serendipity、MH audio、MHaudio、MH-audio
HA-1、DA-1、DA-1h、WAON、Shigaraki

|

« 夏にはスガシカオが聴きたくなる | トップページ | 巨大ズッキーニと超小型オーディオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/41357375

この記事へのトラックバック一覧です: スティーブ・ジョブズ引退:

« 夏にはスガシカオが聴きたくなる | トップページ | 巨大ズッキーニと超小型オーディオ »