« 若狭宣子さん水彩画展、真澄近況 | トップページ | 蕎麦屋でケーブル »

2011年6月24日 (金)

3D&バーチャル リアリティ展(IVR)

 東京ビックサイトで開催された「3D&バーチャル リアリティ展(IVR)」を覗いてきました。
MH audioのパートナーとして、取り扱い&サポートをしていただいている「アコースティックフィールド」さんが出展していました。

P1020278_forweb800

 アコースティックフィールドのブースは、他社の派手でテンコ盛り感のあるブースの中にあって、超シンプル&クリーンな印象の白い空間でした。

 リアル3Dの立体音響再現用に上下左右均等に設置された8台のスピーカー、3D音響プロセッサ、音源のMacBook Pro、WiFiで接続されたiPadでデモしてました。

P1020272_forweb800

 立体音響でいろんな事ができるのですが、面白かったのは、複数の音源を再生しながら、それぞれの音源の位置をiPadのタッチ画面で動かす、というものでした。たとえば上空を飛ぶヘリコプター(の音を)iPadのタッチで動かすというようなデモで、そのリアルさは、よくあるサラウンドとは全く違う印象でした。

 時間がなく他をあまりみれなかったのですが、3Dディスプレイやカメラ、またデジタイザやモデリングソフトなどの他、レーザーとGPSなどを搭載した測量車とか、、いろいろありました。

 ほとんどの展示は視覚に関するもので、音はほとんどありませんでした。立体音響は研究的分野での使用から、アミューズメント、アートといった世界で使われ、、規模もパーソナルなものから美術館やライブホールでの使用までいろんな可能性があると感じました。

 ビックサイトでは「設計・製造ソリューション展(DMS)」、「機械要素技術展(M-_tech)」、「メディカルテクノロジーEXPO」と複数の展示会を「日本ものづくりワールド」と総称してやっておりました。

↓「株式会社アコースティックフィールド」のページ
http://www.acousticfield.jp/

↓「3D&バーチャルリアリティ展(IVR)」のページ
http://www.ivr.jp/

|

« 若狭宣子さん水彩画展、真澄近況 | トップページ | 蕎麦屋でケーブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1274382/40633976

この記事へのトラックバック一覧です: 3D&バーチャル リアリティ展(IVR):

« 若狭宣子さん水彩画展、真澄近況 | トップページ | 蕎麦屋でケーブル »