« Simple is Best | トップページ | 真木香さん「初夏の布」やってます »

2010年5月25日 (火)

SPレコード鑑賞会 at Jazz Olympus!

友人に誘われて、SPレコード鑑賞会というのに連れていってもらいました
SPレコード=78回転、モノラル、、くらいの知識しかない私にとって新鮮な会でした

場所は、神田のジャズ喫茶「Jazz Olympus!」(ジャズ オリンパス)
入り口には「本日はSPレコードイベントのため、四時半で一旦閉店いたします。」とあります
_1130114_forweb800

さて、Olympusとはスピーカーの名前、名機「JBL-D50」のことであります
このコンサートのホストは新 忠篤氏、友人は、新(あたらし)先生といっておりました
新先生は、真空管アンプ、レコード再生の世界では有名な方なのだそうです

SPレコードは、LPのようにレコードが大衆化される前なので
レコーディングの方法、盤の材質、などなど、レコード会社や時代で全然違うのだとか

_1130123_forweb800

更には、イコライザ特性も、LPのように統一されておらず各社各様なのだそうで
フォノイコライザーは、新先生の自作のカーブ可変にできるもののようです

つまり、再生される音楽が、録音の技術と、再生の技術に密接に結びついているという
当たり前のことを改めて意識させられるディープな世界です。

_1130132_forweb800

また、盤の保存状態(使われた状態)によっても全然ちがうようです
実際、聴かせていただいたSPは、ひとつづつ、ノイズ含めて音が全然ちがっておりました
こうなると、モノクロ写真と同じで、ノイズも含めて味わう、という世界ですね


機材はスピーカー以外の機材は先生の持ち込みだった様子です
詳しくないので、間違いご容赦&ご指摘いただければ幸いです
 プレーヤー:Thorens TD124
 トーンアーム:SME 3009
 カートリッジ:GE RPX-047
 イコライザー:新先生自作 AKEQ 2 MONO
 アンプ:JBL SA660
 スピーカー:JBL C50 S8R 'Olympus'

聴いた曲は、どれも素晴らしかった、、のだと思います
菅沼洋一が印象に残っています
Jazz Olympus! はカレーも旨いそうで、今度は、普通の時にいちど行ってみたいとおもいました

Jazz Olympus! のページ
http://www7.plala.or.jp/JAZZ-OLYMPUS/

ほか記事も読まれるかたはこちらです
http://mh-audio.cocolog-nifty.com/


Keywords:
SPレコード鑑賞会、SPレコードコンサート、Jazz Olympus!、ジャズオリンパス、ジャズ、オリンパス
78回転、モノラル、神田、ジャズ喫茶、JBL-D50、新 忠篤、新忠篤、新(あたらし)先生
真空管アンプ、レコード再生、菅沼洋一、LP、イコライザ特性、フォノイコライザーは、自作
カーブ可変、ノイズ、モノクロ写真、プレーヤー、Thorens TD124、トーレンス、トーンアーム
SME 3009、カートリッジ、GE RPX-047、イコライザー:新先生自作、アンプ、JBL SA660
スピーカー、JBL C50 S8R 'Olympus'、C50S8R

|

« Simple is Best | トップページ | 真木香さん「初夏の布」やってます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SPレコード鑑賞会 at Jazz Olympus!:

« Simple is Best | トップページ | 真木香さん「初夏の布」やってます »