2014年7月22日 (火)

「八ヶ岳クラフト市」来場感謝 & MH audioの試聴できる店舗

7月19, 20, 21の3連休は、「八ヶ岳クラフト市」においでいただきありがとうございました。

MH audio(エムエイチオーディオ)のテントには、ひっきりなしに皆様に来ていただき大変感謝です。

_dsc8335_fw_srgb

みなさんから、音の良さについてお言葉をいただき、大変に嬉しかったです。

「どこから音が出てるの? え? コレ? ホント!!」

「音いいねー、信じられない、、こんなに小さいのに、、家にある大きいのは何??」

「えっ、このアンプも作ってるの? 小さいのはダメだって聞いてたけど、全然そんなことないじゃん!」

皆さん、先ず音に驚き、その小ささに驚き、、という感じでした。
いままでのオーディオは何だったんだ??という疑問に気づいてしまった人も居た様です。

Img_1816_fw_srgb

そして、デモの音がいいんじゃない? って疑問の方には、ハイレゾでもない普通のiPodのイヤホン出力からの接続である事を説明し
さらに、昔のDiscman(ポータブルCDプレーヤー)にも繋いで聴いていただきました。

「こないだ、結構いい値段するの買ったのに、、これのほうが全然音がいいよ」

「ちょっと、自分のいつも聴いてるの聴いていい? えっ?! うーん、、いいなあ」

「ギターやってるんだけど、、これ、ホントにいいよ」

Img_1899_fw_srgb
↑聴いていただいたのは、アコースティックスピーカー 「WAON(和音)」、超小型オーディオアンプ 「DA-1」です。
他には「WAON muku(無垢)」、超小型モニタースピーカーの「KION(輝音)」などです。

もちろん、iPodやiPhone, Androidに音楽を携帯されている方には、接続していつも聴いている音楽を聴いていただきました。

「凄い、初めて見た、、知らななかったー、こんなのあるんだ、、世界中の人に教えたいよ」

「ボーカルいいねえ、、最近音楽きいてなかったけど、これならまた聴きたい」

「いつも聴くのは、ちょっと珍しいやつなんだけど、、繋いでみていい?、、うーん、これでもいいねえ」

Img_1865_fw_srgb

そして、周りがオープンで下も芝生の屋外なのに、こんなに音が明瞭に力強く聞こえる事に驚かれる方もいらっしゃいました。

「遠くからイイ音が聞こえたので来てみたんだけど、、えっ? こんなに小さいの!!」

「野外は普通聞こえなくなっちゃうのに、コレだけ聞こえるってことは、、室内だと相当いいねえ」

「これ、電池で鳴ってるの??信じられない!! 庭でも使えるじゃん」

そうなんです、音が崩れてないので、遠くまで聞こえるんです。
小さな音量でも、ちゃんと聞こえるのです。 音楽を流しながら、会話がちゃんとできるんです。

と、一番聞かれたのが、コレどこで聴けるの、どこで売ってるの???でした。
MH audioは長野県富士見町で作っています、が、専門の店舗を持っていません。つくるので精一杯です。
ごく限られたお店で扱っていただいています。記事の下のほうに載せましたのでよろしくお願いします。

Img_1857_fw_srgb
↑先日お伺いした、荻窪の「マエストロ・ガレージ」のオーナー店主、谷口さんが近くの週末小屋に来たついでに、、
と来てくれました。

何も足さない、何も引かない、のに、非常に自然で音楽的で説得力のある音が出るのです。

しかもオールマイティ、、クラシック、ジャズから、アンビエント、ロック、ポップス、エレクトロまで、いつもの音楽がまるで新鮮に聴けます

Img_1833_fw_srgb
↑2日目朝、開始前の様子、、始まると自分ところから離れられず、他作家さんのも見みたかったーっ

MH audioのスピーかーWAONは、なんの変哲もない形ですが、相当な研究と試行錯誤をしています(笑、マジです)
オーディオの世界は、難しいウンチクや理論や方式を歌い文句に、様々な製品が出ては消え出ては消えしていますが、MH audioはそういう事はしません。
勿論、うんちくも理論もありますが、、先ずは音で判断していただきたいと思っています。

また、現在は全て手作りですが、手作りだから良い音だ、とか、作品だ、、とかも言いません。
あくまで、使う人が気持ちよく音楽を聴くための「道具」であると考えています。

Img_1782_fw_srgb
↑八ヶ岳クラフト市、は八ヶ岳自然文化園というところで、100近くのクラフト作家さんが集いました

心配された天候は、、1日目は3時から土砂降り、、2日目は曇り途中小雨、、3日目は晴天、でした。

蚊などの虫を心配して、いっぱい防虫用品を持って行ったのですが、全然いませんでした。
それだけ綺麗な場所です、、ただ、3日目は、多少居たようで、、やはり人間が居ると虫も出て来るのですね

他のクラフトフェアのように、凄い人、、ってことはなく、余裕で楽しく回れるかんじ。
家族連れ、ご夫婦、良くしつけられた犬をつれてる方が多かったです。

_dsc8278_fw_srgb
↑新潟から参加の「イソダ器物」さんご夫妻
「へら絞り」という伝統的な技法で、一枚の銅板や錫、銀などから、酒器や、お鍋や、お茶入れなどを作ります。

磯田さんには、MH audioのヘッドホンアンプ HA-1や、超小型オーディオアンプ DA-1のパネルを、槌目仕上げで製作していただいたことがあります。

磯田さんの作るモノは、非常に美しく機能的です。
お値段はそれなりにしますが、その価値が解る人がけっこう買って行かれるようで、私の友人も求めたそうです。
そして、あの Dior(ディオール)も、磯田さんに茶入れを注文された事があるようです。知らなかったーっ。


MH audioの物はたくさん作れないので、家電屋さん、大手オーディオショップには置いて無く、ごく限られたお店に置いていただいています。

ご興味を持たれた方は、以下のお店で、見て、ご試聴されてみてください。
また、お近くの方、逆に遠くの方は、フライヤーにある連絡先に連絡いただければ、ご案内などさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

---------------------
東京都
---------------------
「マエストロ・ガレージ」(販売可能)
荻窪駅前にあるアナログオーディオ、アナログレコードを中心に扱うオーディオショップ、濃密で優しいオーディオショップです。
WAONなど、ご試聴、販売可能です。

↓「マエストロ・ガレージ」のホームページ
http://www.maestrogarage.com


---------------------
「日本百貨店ふるどうぐ」(販売可能)
秋葉原<>御徒町間のガード下の「2k540 AKI-OKA ARTISAN」にあるお店、とっても良いものがある古道具屋さんです。
WAON、DA-1など、ご試聴、販売可能です。

↓「日本百貨店」のホームページ
http://nippon-dept.jp


---------------------
「ツタヤ東京六本木」(販売可能)
六本木、けやき坂通りのスタバ併設のツタヤさん、MHaudioコーナーは2Fにあります。
WAON、KION、DA-1など、ご試聴、販売可能です。

↓「TSUTAYA TTR」ツタヤ東京六本木ツイッター
https://twitter.com/TTRkeyakizaka/status/479947116060479488/photo/1

↓TSUTAYA TOKYO ROPPONGI のFacebook
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=480305078782954&id=197387570408041


---------------------
「MAISON DE REEFUR」(ご使用のお客様)
代官山「MAISON DE REEFUR(メゾン・ド・リーファー)」JUNグループの女性向けショップ、授乳室で使われています。

↓MAISON DE REEFUR(メゾン・ド・リーファー)
http://www.maisondereefur.com


---------------------
フジヤエービック(ヘッドホンアンプのみ販売可能)
東京中野の老舗オーディオ&プロ機材ショップ
ヘッドホンアンプ HA-1、HA-11のご試聴、販売可能です。

---------------------
e☆イヤホン(ヘッドホンアンプのみ販売可能)
東京秋葉原のヘッドホン、イヤホン専門店
ヘッドホンアンプ HA-1、HA-11のご試聴、販売可能です。

---------------------
「ACOUSTIC FIELD」アコースティックフィールド(販売可能)
MH audioを扱っていただいているディーラーさんの事務所が東京の幡ヶ谷にあります
お問い合わせ、ご予約いただければご試聴いただけます。

↓株式会社アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp


---------------------
山梨県北斗市
---------------------
「家具工房 comoda」(販売可能、予約必要)
北斗市の台ヶ原宿にある家具屋さん、工房の奥にギャラリーがあります
江戸指物師の伝統をつぐ技術を持った家具工房です。
WAON、DA-1など、ご試聴、販売可能です。

↓コモダさんのBlog「Comodaのできごと」
http://blogs.yahoo.co.jp/jywwb337

↓コモダさんを紹介している記事
http://shop.plaza.rakuten.co.jp/craftlink/diary/detail/201008180000/


---------------------
長野県諏訪市
---------------------
「SUWAガラスの里、プレミアムショップ」(販売可能)
諏訪湖畔のガラスショップ&ギャラリーの「SUWAガラスの里」の中にオープンした「SUWAプレミアムショップ」
WAON, DA-1, HA-1, HA-11など、ご試聴、販売可能です。

↓「SUWAガラスの里」のページ
http://www.garasunosato.com/index.html

↓「SUWAプレミアムブランド」のFacebookページ
https://www.facebook.com/suwapremium


---------------------
「セラ真澄」(ご使用のお客様)
日本酒「真澄」で知られる宮坂醸造の蔵本ショップ
WAONが、店舗音響用として使われています。

↓セラ真澄
http://www.cellamasumi.jp


---------------------
長野県松本市
---------------------
「faber/LABORATORIO」ファベール/ラボラトリオ(販売可能)
クラフトの町、松本にある知る人ぞ知る最もセレクトが厳しいセレクトショップ、LABORATORIOの新ショップfaber(ファベール=作る)
WAON, DA-1など、ご試聴、販売可能です。

↓「LABORATORIO」のオフィシャルページ・トップ
http://ifuji.net

↓まつもとクラフトナビの「LABORATORIO」紹介ページ、faberはお隣です
http://www.craft-navi.net/gallery/364.html


---------------------
愛知県名古屋市
---------------------
「panio」パニオ(ご使用のお客様)
名古屋のセレクトショップ「paino」さんで、店舗音響用として使われています。

↓セレクトショップ「paino」
www.panio2014.com


---------------------
大阪府大阪市
---------------------
「basis records」ベイシス・レコーズ(販売可能、出張多い為問合せ必要)
中央区の楽器&オーディオショップ、ライブやレコーディングでお休みが多いので問合せてお出かけください
WAON, DA-1など、ご試聴、販売可能です。

↓「basis records」ベイシス・レコーズ
http://www.basisrecords.com


---------------------
e☆イヤホン(ヘッドホンアンプのみ販売可能)
大阪日本橋のヘッドホン、イヤホン専門店
ヘッドホンアンプ HA-1、HA-11のご試聴、販売可能です。

---------------------
Webショップ
---------------------
オプテック「なごみねサウンド」のショップ
超小型オーディオアンプDA-1、DA-1hのみ販売可能です

↓オプテック「なごみねサウンド」のWebショップ
http://www.nagomi-sound.jp


---------------------
アコースティックフィールドのWebショップ
MH audioのほぼ全種の購入が可能です

↓アコースティックフィールドのWebショップ
http://acousticfield.shop-pro.jp/?


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

↓株式会社アコースティックフィールド
http://www.acousticfield.jp


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月17日 (木)

今週末&海の日「八ヶ岳クラフト市」に参加します

そろそろ梅雨明け、夏ですね! 暑いですね!!
でも、標高1000mを超える高原は、日差しが強くとも爽やかな風がふいてますよ

と、今週末に、以下のクラフトフェア系のイベントにMH audioは参加します。

「八ヶ岳クラフト市」
八ヶ岳自然文化園、7月19日(土)、20日(日)21(月、海の日)

Flyeryatucraft2014summer

こちらのクラフト市は、全国的に有名になった、松本のクラフトフェアのようにものすごい人人人!!
ってことは全くなく、駐車場完備、気持ちよい林の中の芝生の広場に、のんびりまったり、じっくり楽しめるクラフトフェアです。

MH audioでは「世界最小の本格オーディオ」をハンドメイドしています。
今回は、小型アコースティックスピーカー「WAON」、超小型モニタスピーカー「KION」、超小型オーディオアンプ「DA-1」、そして
一品製作物なんかも展示できたらなー、と思っています。

_dsc7803_fw_srgb
↑アコースティックスピーカー「WAON」、超小型オーディオアンプ「DA-1」by 電池駆動 & MacBook Pro

上の写真は、5月に松本ハーモニーホールでのピアノ&バイオリンの「ゴラン・コンチャル&エフゲニ・ザラフィアンツ」リサイタルに先立ち、松本城公園の芝生でYoutubeで予習中の様子です(笑)

松本のハーモニーホールは、ちょうどよい大きさで、音が良いことで知る人ぞ知る良いホールです。
パイプオルガンもあって、以前、バッハのマタイ受難曲全曲もここで聴きました。
3年前の地震で一時期使えなくなってましたが復活して良かったです。

_dsc9861_fw_srgb
↑庭で1人酔っぱらいコンサートの様子

MH audioは、小型で音が良いだけでなく、外で音楽を楽しむにも最適です。

スピーカーWAON(和音)は、本当に音が素晴らしく良いのです、最近みかけるインテリアオーディオっぽく見えますが、先ずは音ありきで製作していますので、是非ご一聴ください。

以下は、昨年の夏のイベント「清水高原アートピクニック」の様子です

_dsc0370_fw_srgb

実は、WAONとDA-1 が好評で制作が追いついてなく、まだ、ポタフェスのレポートも書けてないし、イベントの準備もできてません、、

ということで、WAONとDA-1をご検討の方は、この機会に是非ご試聴にいらしてください
そして、気に入られたらできるだけ早めにご用命くださいませ m(, ,)m

以下、リンクなど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓「八ヶ岳クラフト市」のページ
http://www.yatsugatakecraft.com/index.html

↓「松本ハーモニーホール」のページ
http://www.harmonyhall.jp

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 9日 (水)

「日本百貨店 ふるどうぐ」さんでWAON、DA-1聴けます

秋葉原と御徒町の間のJRガード下に集う物造りのお店「2k540 AKI-OKA ARTISAN」にあるショップ
「日本百貨店」の別館「日本百貨店 ふるどうぐ」さんに、MH audioのスピーカーとアンプを置いていただいています。

_dsc7908_fw_srgb

「日本百貨店」(ニッポンひゃっかてん)さんは、いわゆる老舗ブランドを扱う百貨店とちょっとちがって
日本中から良い物を集めてきたよ!という文字通り百貨のお店なのであります。

 ここアキオカアルチザンの第一号店の他に、秋葉原駅近くの「日本百貨店しょくひんかん」の他、計8店舗もあるみたいです!!凄い!

その中でもちょと異色の「日本百貨店 ふるどうぐ」は、昭和な家具やお皿や小物など
レトロというより、逆にモダン&カッコいい、という古道具をセレクトして置いてるお店です。

_dsc7828_fw_srgb
↑アコースティックスピーカーWAON(和音)と、超小型オーディオアンプDA-1

こんな和風ディスプレイにもしっくり来ますが、音はビックリの高音質です(笑)

店長の青木さんに一声かけていただければ、いろいろと聴かせていただけると思います。
もし、iPodなどにいつも聴いている曲が入っていたら、それで聴いてみてください。

販売も行っていますので、素敵な家具や小物と一緒に「世界最小の本格オーディオ」WAON, DA-1のお持ち帰りをご検討ください。

ミニコンポなどのプレーヤーはいつか壊れたり、新しいものに取って代わられますが
アンプDA-1とスピーカーWAONは、接続する音源が変わっても、ずっと、ずーっと、10年でも20年でも使っていただくことができると思います。

以下、リンクなど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓「日本百貨店」のホームページ
http://nippon-dept.jp

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (4)

アナログオーディオのお店「マエストロ・ガレージ」さんにWAONあります

荻窪駅から歩いて1分の所にあるオーディオショップ「マエストロ・ガレージ」さんからお声がかかって、お伺いしました。

いわゆるオーディオショップには2種類ありまして、、
スピーカーやアンプが山積みで有名なブランドや売れ筋のモデルが並んでいるショップ、そして、ほぼ1種類のセットで鳴らしているショップ、、

商売としては有名ブランドが沢山の前者が正解と思いますが、私としては後者のお店を信用してしまいます。

マエストロ・ガレージ(Maestoro Garage)さんは、後者のショップです。
店主が自分の好きな音はこうである、という自負のあるお店です。

_dsc8252_fw_srgb
↑以前はステッキ屋さんだったというこのお店!今だに間違えて入ってこられる方も、、

だからといって、自分の好みを押し付けたりしません。
ちゃんとお客さんの嗜好を探って相談にのってくれる優しさと奥深さを持っています。

早速、素晴らしいアナログのシステムにWAONを繋いで試聴していただきました。
「いいねえ、スピーカーが鳴ってない感じ」という最上級のお褒めの言葉を頂きました。

_dsc8120_fw_srgb
↑Spendor A5の上に置かれた「WAON」、なぜか色合いとかもピッタリですね。

アナログプレーヤーは英国の「Origine Live Calypso」、トーンアームは「Origin Live Onyx」、カートリッジは「My Sonic Eminent GL(MC)」
フォノイコライザー「EAR 834P」、プリアンプ「EAR 834L」、パワーアンプ「Triode TRX-P6L」
Origine Liveというメーカーは日本では見る事がないでしょう、マエストロさんで気に入って扱っているとか

私も、HarbethとかRoyd Audioとかの、イギリス系のスピーカーを使ってましたので、なんかしっくり来ます。

マエストロ・ガレージさんは、中古のオーディオ機器の修理販売や、アナログレコードの販売もしています。
アナログレコードは良いものがリーズナブルな価格であるようです。

筋金入りのオーディオ好き、音楽好きも、アナログレコードをこれから聴いてみたいと思う若い方も、
いちど訪れてみてはいかがでしょうか。

以下、リンクなど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓「マエストロ・ガレージ」のホームページ
http://www.maestrogarage.com

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月 8日 (火)

松本「faber/LABORATORIO」でMH audioのオーディオ取扱い開始

信州松本は、築城400年の松本城で有名ですが、近年はクラフトの街としても有名になってきています。

そんな松本のギャラリー&カフェ「LABORATORIO」ラボラトリオ、雑貨好きには知る人ぞ知るセレクトショップです。
 その新店舗がお隣のビルの2Fにオープンしました。

新店舗の名前は「faber/LABORATORIO」ファベールとは、ラテン語で「作る」という意味なのだそうです。

_dsc0790_fw_srgb
↑白を基調とし、床は以前使われていたであろうリノリュームタイルを剥がした跡を残した(<私の想像)絶妙なバランスの空間
写真右側の窓際の楕円形のシェーカーボックスは、オーナーの井藤さんの作品です。

ショップオーナーの井藤昌志さんは家具作家でもあり、その眼識で選ばれたモノや服がfaberには並びます。

日常使いの用の美をもちながら、決して野暮ったくなく、かといっていかにもデザインしましたという無味乾燥なものでもない
素材の持つ質感と、機能的で合理性のある形がつくりだす美、そういうものを考えさせられる場となっています。

_dsc0731_fw_srgb
↑アコースティックスピーカー「WAON」、超小型オーディオアンプ「DA-1」

MH audio(エムエイチオーディオ)のスピーカーWAON(和音)と、超小型アンプDA-1の「世界最小の本格オーディオ」は
お店中央あたりの古い足こぎミシンフレームで作られたテーブルの上にあります。
 こういう展示のテーブルもかなり素敵です。こだわりのお店セレクトのCDも置いてます。

CDだけではなく、MH audioのスピーカー WAON、アンプ DA-1ほか、スタンドなど一式をお店で買い求めいただけます。

MH audioの作るモノは見た目だけで判断しないで是非とも試聴ください。見た目を裏切る本格的な高音質を是非ご体験ください。

CDやiPodなどをお持ちいただければ聴いていただけますが、なければ試聴用のiPodに音源をご用意していますので、スタッフさんに声をかけてください。
音量は思いっきり大きくしていただいても、小さく小さくしていただいても大丈夫です。
日常のデスクトップやちょっとした空間で最高のパフォーマンスを発揮できるのもMH audioの美点です。

以下、リンクなど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓「LABORATORIO」のオフィシャルページ・トップ
http://ifuji.net

↓まつもとクラフトナビの「LABORATORIO」紹介ページ、faberはお隣です
http://www.craft-navi.net/gallery/364.html

↓「うさこの信州お一人様カフェ」の「LABORATORIO」紹介ページ、faberはお隣です
http://usako628.naganoblog.jp/e752926.html

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

monoマガジンに、WAONとDA-1が載りました

現在発売中の「monoマガジン」にMHaudioの極小本格オーディオのスピーカーWAONと、アンプDA-1が載ってます。

「monoマガジン」と言えば、モノ好き初心者にも、モノマニアさんにも、見所読みどころ満載の老舗マガジンです。

Img_1598_fw_srgb

メイン特集は「BBQデビュ−」、サブ特集で「デスクトップで聴く高音質・スモールオーディオワールドへようこそ」

スモールオーディオ特集は16ページに及び、Triode, Carot One, Anthony Gallo, NuForce, Cambridge-Audio, conisis, B&O
Bose, harman/kardon, audel, Pro-Ject, JVC, Vesta Audio, DENON, audio-technica, Fiioなどの有名ブランドどともに、MH audioも取り上げていただいています。

Img_1601_fw_srgb

MH audioは、全てハンドメイドの為、沢山つくれないし価格も量販品のように安くはないですが、その質感と音質はユーザーの方から非常に高く評価されています。

 沢山作れないので、大手量販店やオーディオショップにも出荷していませんし、宣伝広告もしてないのですが

このような形で好きな雑誌に取り上げらていただけるのは本当に嬉しいです。
感度の良い方が見つけて下さるのですね!!感謝感激です。

Img_1605_fw_srgb

最近はいくつかのお店でMHaudioの「世界最小、本格オーディオのWAON、DA-1」を、見ていただくことができます。

以下のお店は、いずれもオーナーさんマネージャーさんが、モノの良さを発見してくださり、使ってくれていたり、置いてくれていますので
じっくり聴いてみてください。一部では販売も可能です。

東京都

「ツタヤ東京六本木」
六本木、けやき坂通りのスタバ併設のツタヤさん、MHaudioコーナーは2Fにあります。
WAON、KION、DA-1など、ご試聴、販売可能です。

「日本百貨店ふるどうぐ」
秋葉原<>御徒町間のガード下の「2k540 AKI-OKA ARTISAN」にあるお店、とっても良いものがある古道具屋さんです。
WAON、DA-1など、ご試聴、販売可能です。

「マエストロ・ガレージ」
荻窪駅前にあるアナログオーディオ、アナログレコードを中心に扱うオーディオショップ、濃密で優しいオーディオショップです。
WAONなど、ご試聴、販売可能です。

「MAISON DE REEFUR」
代官山「MAISON DE REEFUR(メゾン・ド・リーファー)」JUNグループの女性向けショップ、授乳室で使われています。

「ACOUSTIC FIELD」アコースティックフィールド
MH audioを扱っていただいているディーラーさんの事務所が幡ヶ谷にあります
お問い合わせ、ご予約いただければご試聴いただけます。

山梨県北斗市

「家具工房 comoda」
北斗市の台ヶ原宿にある家具屋さん、工房の奥にギャラリーがあります
江戸指物師の伝統をつぐ技術を持った家具工房です。
WAON、DA-1など、ご試聴、販売可能です。

長野県諏訪市

「SUWAガラスの里、プレミアムショップ」
諏訪湖畔のガラスショップ&ギャラリーの「SUWAガラスの里」の中にオープンした「SUWAプレミアムショップ」
WAON, DA-1, HA-1, HA-11など、ご試聴、販売可能です。

「セラ真澄」
日本酒「真澄」で知られる宮坂醸造の蔵本ショップ
WAONが、店舗音響用として使われています。

長野県松本市

「faber/LABORATORIO」ファベール/ラボラトリオ
クラフトの町、松本にある知る人ぞ知る最もセレクトが厳しいセレクトショップ、LABORATORIOの新ショップfaber(ファベール=作る)
WAON, DA-1など、ご試聴、販売可能です。

愛知県名古屋市

「panio」パニオ
名古屋のセレクトショップ「paino」さんで、店舗音響用として使われています。

大阪府大阪市

「basis records」ベイシス・レコーズ
中央区の楽器&オーディオショップ、ライブやレコーディングでお休みが多いので問合せてお出かけください
WAON, DA-1など、ご試聴、販売可能です。

以下、リンクなど
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ワールドフォトプレス「モノ・マガジン」7-17日号
http://www.monoshop.co.jp/shop/products/detail.php?product_id=5342

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2014年6月28日 (土)

ポタフェスに、HA-11用メタルバインダー、ツマミも持って行きます

ポタフェスに、HA-11とiPod Classicを一体にして使える「メタルバインダー」も持って行きます。

_dsc9176_fw_srgb2
↑こんな感じです

モデルは、HA-1&HA-11&WAONユーザーさんの三木さんです

三木さんは、以前、HA-1& iPod Classicの「メタルジャケット」を作られた方です。

_dsc9190_fw_srgb2
↑こちら、左が新作の HA-11 & iPod Classicの「メタルバインダー」
                   右がHA-1 & iPod Classicの「メタルジャケット」です

そして、MH audioの真鍮のツマミを三木さんが加工した9個の凄いツマミ、も持って行きます。

_dsc0864_fw_srgb

では、ポタフェスでお待ちしています。
会場の2F、23番ブース、Ultrasoneのおとなりでやってます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓ポタフェス、秋葉原のご案内
http://gigaplus.makeshop.jp/gcom1420/paf5/index.html

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月27日 (金)

HA-1 スーパーカスタム「tsumuji」をポタフェスに展示します

明日、6月28(土)29(日)に秋葉原である「ポタフェス」に HA-1のスーパーカスタム品を展示します。

今回は、前回のヘッドフォン祭りで評判が良かった「2mOa」さんのスーパーカスタムモデルに加え
HA-1/HA-11ユーザーの三木さんのスーパーカスタムモデルも展示します。

Mha140626247_fw_srgb
左から、2mOaさんによるカスタムのHA-1[LAND 黒]と(shin-on 2号)
           そして、MH audioユーザー三木さんによるカスタムの HA-1「tsumuji」

「2mOa」さんは、2k540 アキオカアルチザンにお店がある、アートなアクセサリー作家チームです。
5月のヘッドフォン祭りに製作いただいたHA-1カスタムの[LAND]と(shin-on)の評判がとても良く、今回、第2弾を作っていただきました。
 ちなみに前回、(shin-on)は、初日に嫁に行ってしまい、[LAND]もイベント直後に嫁いでいきました。

こちらが、今回の[LAND 黒]です
Mha140626254_fw_srgb
↑HA-1 スーパーカスタム[LAND 黒]by 2mOa

フロントパネルのラフな感じと、パネルからはみだす大きな文字が特徴的です。

前回のLANDのボデイは銀色でしたが、今回は黒なので、フロントパネルとのコントラストがあってなかなか男っぽくて良いです。車でいうとJeepってイメージですか。

こちらが(shin-on)です
Mha140626268_fw_srgb
↑HA-1 スーパーカスタム(shin-on)by 2mOa

(shin-on)は、記号と文字の打ち込みが特徴ですが、今回の2号は、文字や記号の打ち込みがちょっとづつ違います。
特にツマミは前回よりシャープな感じで、なぜか?マークが、、

小さな小さな「心」やドットなど、見れば見るほど愛着がわいて来る不思議な味わいがあります。
車で言うと、シトロエンのDSみたいな不思議なフューチャー感がありますね。

こちらが、問題作のtsumuji(ツムジ)、写真ではその質感がうまく伝わりません、実物はもっと凄いです
Mha140626280_fw_srgb
↑HA-1 スーパーカスタム「tsumuji」by T.Miki

細かな線を一本一本彫刻し、全体でみると、毛並みに流れがあって、ビロードのような苔のような質感になっています。
凄い手間と時間がかかっているとおもます。精神的にしっかりしてないと出来ませんw

MHaudioユーザーの三木さんは、芸大で彫金をやっていた方です。もう工芸品です。
タイトル、というか名前で悩みましたが「tsumuji」(つむじ)としました。

Mha140626282_fw_srgb
↑「tsumuji」フロント部分のアップ
MH audioとかのロゴ文字も、なんとなく見て取れます
ボリュームツマミの指示部分に毛並みが集まって来てるのが、なんともゾワゾワしていいです

ツムジ(旋毛)って不思議ですよね、1本1本の毛には実体がありますが、ツムジはその集合体が成す様子を言っているだけで、ツムジ、という物があるわけではないのです、、

それに、ツムジっていう語感が面白い、、無地、ムジナ、ムジーク、、
音楽やオーディオと似ているかも、、楽器や音は実体があるのですが、音楽は音の集合体であり、様々な音の時間的な流れが音楽を成すだけ、、

CDプレーヤーやアンプやスピーカーには実体があるが、それだけでは何もできなくて、それらを接続して、録音された音楽を再生して始めて、音が出て音楽になって、意味がでてくる、、

tsumuji > ツ・ムジ > to music いやー *_* こじつけでした

Mha140626289_fw_srgb
↑ディティールはこんな感じ、

ボディとパネルのエッジの部分も、毛並みというか彫刻が連続しています。
アルミなので、彫刻が簡単に削れてしまわぬように、彫刻後にアルマイト処理をして、表面を硬化させています。

ツマミは、真鍮に彫刻をし、茶黒色になるよう酸化処理をしています。かなり面白い質感です。
金属なのにビロードっぽいって、これも逆説的で面白いです。

三木さんのブログに製作方法の解説があります。

ポタフェスは2Fの23番、Ultrasoneさんのブース横で、アコースティックフィールド/MH audioでやってます。
今回ブースでの販売はないですが、興味の有る方は早めに声をかけてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下関連のリンクです

↓アートなアクセサリー 2mOa
http://www.2moa.com

↓三木さんのBlog「アートなモノ」【MHaudio:ヘヴィカスタムモデル】HA-1のパーツに毛を彫ってみた編
http://artnamono.com/ha-1-ke/

↓ポタフェス、秋葉原のご案内
http://gigaplus.makeshop.jp/gcom1420/paf5/index.html

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家電&オーディオの業界紙「Senka 21」に載りました

先日、音元出版さんから茶封筒がとどきました
なんだ?とおもって開けてみると「Senka 21」という家電&オーディオの業界紙が入っていました。

記事は、電化製品、オーディオの売れ筋ランキング、お店、ディーラーさん、メーカーさんの話、、と業界向けの真剣な記事がいっぱい

うーん、と、ぺらぺらめくっていると、、
なんと、MH audioの WAON と DA-1が載っているではないですか!

Img_1342_fw_srgb

「春のヘッドフォン祭2014」フジヤエービックの石曽根部長さんの「原点回帰、まず音を聴いていただく基本に立ち返った」とのコメントとともに
音元出版の記者さんが会場で気になったブースとして、我がMH audioと、Vestaxさんの事が書かれていました。

あれだけの数のメーカーさんがブースを出す中で、取り上げていただいてビックリです。

Img_1353_fw_srgb

フジヤエービックの石曽根さんのお話には共感することろがあります。

MHaudioの活動、製品は、現在のオーディオ業界の方法論とはまったく逆方向です。
おそらくこんな(バカ)正直な物を作っていたら、普通ならあっという間につぶれるでしょう(笑)

物を売るためには、最新機能、新素材、うんちく、数字競争という、解りやすい差別化が必要でして、メーカーさんはそういう物を作ります、雑誌やメディアやお店もそれをたよりに宣伝し売ります。
 しかし、ユーザーの立場で考えた時、その機能、素材、うんちく、数字はほんとうに意味があるのか?とっても疑問なのです。

_dsc7716_fw_srgb

自分が欲しいものをシンプルに真面目に工夫して作ったら、信じられないくらい良い音がした。友人に聴いてもらったら、作って欲しいと言われた、というのがMH audioの始まりです。
その友人は、雑誌で評判の良い海外製の高価なオーディオ、スピーカーを持っています。が今ではWAONばかり聴いている、と言っていました。

私も、DA-1とWAONを作ってから、世の中のいろんな物と比較などをしていますが、、私の耳が悪いのか、、世の中にあるものは、言う程良い音がしてないのではないか?? と率直に感じる事がよくあります。

_dsc2787_fw_srgb

事実、イベントでたまたま来られた方が、初めて見るWAONの音を聴いて、お求めいただく事も多く、また
先日のツタヤ東京六本木のバイヤーさんのように、何の予備知識もなく通りかかって、一聴して取扱いを決めてくださる方もいらっしゃいます。世の中捨てたもんじゃないと思います。

と、明日のポタフェスの準備で大変な時に、また余分なことを書いてしまった、、ピースV

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↓音元出版 Senka21 by phile web
http://www.phileweb.com/editor/senka21/

↓TSUTAYA TOKYO ROPPONGI のFacebook
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=480305078782954&id=197387570408041

↓ポタフェス、秋葉原のご案内
http://gigaplus.makeshop.jp/gcom1420/paf5/index.html

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポタフェスの準備中、凄いツマミと、HA-1ヘヴィーカスタム

今週の土日は、ハイ!「ポタフェス秋葉」です。

最近は、小型オーディオのイベントもイロイロあって、こんがらがってます(笑)
 私の認識では、、
世界最大級の小型オーディオフェア、老舗 フジヤエービック主催「ヘッドフォン祭り(春&秋)」
同じくフジヤさん主催の、より親密なイベント「ポタ研/ポータブルオーディオ研究会(夏&冬)」
そして、今回の
若武者 e☆イヤホン主催「ポタフェス/ポータブルオーディオフェスティバル」です!!

というわけで、MH audio/アコースティックフィールドは、2F会場、Ultrasoneさんのブースと一緒に出展します。

販売はないのですが、どうせ出すなら、他では無い物を用意して行きますよ!!
はい、ドーン!

Mha140627326_fw_srgb

↑ HA-1の外観ヘヴィカスタム品 & 真鍮ツマミの職人技炸裂のカスタム品 

前回のヘッドフォン祭で出品した、アクセサリー作家チームの2mOaカスタムに加え
MHaudioユーザーの三木さんカスタムのHA-1も

Mha140626286_fw_srgb
↑ MIKIカスタムは、こんなに毛むくじゃらです

かなりヘヴィーなカスタムです、本当にもの凄ーく手間というか時間がかかってます。
現在名称検討中です、、決まったらお知らせします。

Mha140626258_fw_srgb

↑ こちらは、2mOaさんのカスタム、HA-1[LAND 黒]

前回の HA-1(shin-on)と、HA-1[LAND]がとっても好評だったので、またお願いしました。
とはいえ、同じものはできないので、ちょっとづつ、違っています。
今回のはボディが黒!のダメージ加工です。

MH audioは、タイムロード、アコースティックフィールドさんのブースに展示してます
ポタフェスは、ベルサール秋葉原ですよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下関連のリンクです

↓アートなアクセサリー 2mOa
http://www.2moa.com

↓三木さんのBlog「アートなモノ」真鍮のボリュームツマミを加工編
http://artnamono.com/shinchu-tumami-9/

↓ポタフェス、秋葉原のご案内
http://gigaplus.makeshop.jp/gcom1420/paf5/index.html

↓MH audio
http://mh-audio.com

↓MH audioのFacebook by アコースティックフィールド
https://ja-jp.facebook.com/MHaudio

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«六本木ヒルズ「TSUTAYA TOKYO ROPPONGI」で MH audio 取扱い開始